頭 炎症

頭の炎症は何故起きる?原因と解消法

主に頭皮の乾燥が炎症やかゆい原因

頭皮が炎症を起こしていたり、かゆい場合は、いくつか原因は考えられますが、主な原因として頭皮が乾燥していることが考えられます。

ドラッグストアなどで売られているシャンプーのほとんどは、洗浄力の強いもので、頭皮ケアではなく主に髪の毛にツヤを与えることなどをメインに作られているものでしょう。まだ皮脂の分泌が比較的多い、若い方が使われるには問題ありませんが、年齢を重ねるに連れて、皮脂の分泌量も減ってきますので、しばらく経っても頭のかゆみが改善されない場合は、シャンプーを変えてみることが大切です。

アミノ酸系のシャンプー

髪や頭皮に良いとされているアミノ酸シャンプーをご存知でしょうか?
人気のアミノ酸シャンプーは、頭皮に必要な潤いを残しながら、余分な皮脂汚れなどを洗い流してくれるものですので、いいのではないでしょうか。

シャンプーを手に取り、しっかりと泡立ててから髪の毛に付けることが大切です。原液のまま頭に付けてしまうと、頭皮の毛穴に入り込み、洗い流す時に残ってしまい、これも炎症の原因となってしまいますので、しっかりと泡立てて使うことを覚えておくことが大切でしょう。

洗い残しがないようにシャンプーを洗い流すコツとしては、手にお水を溜めて、髪の毛の根元をゆすぐように洗うとキレイに落とすことができるでしょう。これは、美容師さんが主に行っている方法ですので、美容室へ行った時などに参考になさってみるといいのではないでしょうか。

また、キレイに髪の毛を洗った後に、素早くドライヤーで髪の毛を乾かすことも大切です。髪の毛が濡れたままの状態でいることは、髪の毛に湿気がこもり、雑菌が繁殖しやすい条件が揃っていることになりますので、しっかりと乾かすことが大切です。

ドライヤーも、髪の毛に当てるというよりは、髪の根元を中心に当ててあげた方がしっかりと乾き切るでしょう。髪の根元に湿った状態が少しでも残っていると、時間が経つに連れて、かゆい状態が出てきますので、しっかりと時間をかけて乾かすことが大切です。

抜け毛やフケが増えた時には頭皮ケアを行おう

抜け毛やフケは代表的な頭皮トラブルですが、そのようなトラブルが目立ちがちな時にはケア方法を見直す事が大切です。

間違ったケアによってトラブルが起こっている事もありますので、正しくケアができているのかを確認してみると良いでしょう。

頭皮を健全な状態に導く為には、まず自分自身の頭皮状態を知る必要があります。例えば脂性肌の場合、過剰に出ている皮脂をコントロールする必要がありますので、ある程度脱脂力が強いシャンプー剤を選んだ方が良いと言えます。ただし、脱脂力が強いシャンプー剤を使っているゆえに脂性気味になっている可能性もありますので注意が必要です。頭皮の皮脂を奪い過ぎてしまうと、皮膚を守る為に皮脂が毛穴から過剰に分泌されるようになり、それによって脂性気味になる事があるのです。皮脂対策をしているつもりが皮脂を余計に出している原因になっている事もありますので、見極めを間違わないようにしましょう。

抜け毛などが増えた場合、単にシャンプー剤が合っていない可能性もありますので、頭皮との相性は問題ないのかという確認も行った方が良いと言えます。合わない物を使ってしまうと、頭皮に刺激になってしまったり炎症を引き起こしてしまい、それによってトラブルが発生している事もありますので注意しなければいけません。頭皮に合っていない場合、抜け毛やフケが増加するだけでなく、かゆみやニキビなどのサインが出る事もありますので、おかしいと感じた時には利用を中止した方が良いかもしれません。

正しく洗えているのかどうかも重要です。間違った洗い方ですと、頭皮環境を悪くしてしまいますので、それによってトラブルが起こっている事もあります。例えば雑な洗い方になっていたり、短時間でササッと適当に洗っている、ゴシゴシと力を入れて洗うなど、間違った洗い方になっていないか見直してみましょう。顔の皮膚同様にデリケートな部分でもありますので、基本的には優しく洗うようにした方が良いと言えます。
ホーム RSS購読 サイトマップ